出版物

工学研究所では、研究報告や論文など、工学研究所の活動として毎年「工学研究所所報」を発行しています。掲載概要は以下のとおりとなっています。

工学研究所所報 39号(最新版)

●巻頭言

 ・工学研究所長就任にあたって

●総説

 ・圧電素子を用いた振動発電手法に関する研究
 ・サービス業務の動的スケジューリング問題
 ・一般化集荷配送巡回セールスマン問題とその応用
 ・自転車の車輪に生じる振れを修正するための作業支援装置の開発
 ・旧大竹家煉瓦蔵の再生・再利用に関する研究
 ・チャカルタヤ山における宇宙線空気シャワー実験
 ・暗黒エネルギー問題と修正された重力理論
 ・無限次元多様体の位相構造
 ・圧縮性Navier-Stokes方程式に対する時間局所的・大域的適切性
 ・暗黒物質探索のための宇宙線反粒子検出器の開発
 ・放射光X線回折によるナノ材料の構造研究

●共同研究

 ・ハドロサウルスの2足走行可能性
 ・多光子イオン化過程を利用する新反応開発
 ・機能維持性能に優れた座屈拘束ブレース付中高層建築物の研究
  ―中間報告―
 ・ペプチド固定化シリカ触媒の不斉アルドール反応特性
 ・人工光合成反応を指向した新規Sn酸化物光触媒の創製と
  合金ナノ粒子助触媒担持による光触媒反応の高効率化
 ・光架橋型ハイドロゲルを用いた湿性沈着物の簡易分析手法の開発

●プロジェクト共同研究

 ・ミリ波・テラヘルツ波における金属フォトニック結晶構造デバイス
  の解析と応用に関する研究
 ・高安心超安全交通研究所活動報告ドライブレコーダーと自動運転
  (高度運転支援)
 ・座屈拘束ブレースの高サイクル疲労性能の研究
 ・まちづくり研究所の活動・2016年度
 ・くびれ加工鋼管を用いた円形CFT短柱の圧縮性能に関する
  実験的研究
 ・“新たな低炭素エネルギー社会に対応した新型電池の開発”
 ・時間-周波数分析を用いたトンネル発破音の分析
 ・多分岐ポリマー系ナノハイブリッド材料の開発と応用
 ・高速高精度DNA増幅装置の開発
 ・刺激応答性材料の開発
 ・グリーンイノベーションの基盤となるナノ構造制御触媒の開発研究
 ・車両等に装備するためのポリカーボネート窓の表面改質に関する研究
 ・超精密加工による高品位表面の創成に関する研究
 ・高周波回路の解析・設計理論の整備と対応ソフト開発
  ―電磁界問題から回路問題へ―

●テクノサークル活動報告

 ・環境科学テクノサークル2016年活動報告
 ・ドラレコ・テクノサークル活動報告
  ウェアラブルカメラが記録した日常交通における自動車行動と道路環境
 ・テクノサークル「けんちくをつくる会」2015年度活動報告
 ・テクノサークルKURAFT15-16シーズン活動報告
 ・「神奈川大学宇宙ロケット部」活動報告
 ・神奈川大学ロボットプロジェクト活動報告

●年次報告

●神奈川大学工学研究所所報執筆規定

●工学研究所所報執筆規定

●編集後記

▲このページのトップへ